文字サイズ変更

TEL:026-247-2033 FAX: 026-247-4727
お問い合わせ
日本医療機能評価機構

関連リンク

小布施日和

ページ内リンク

TOP > 法人看護局

法人看護局

法人看護局長挨拶

 
 

法人看護局長 伊藤光子

めまぐるしく変化する昨今の医療情勢の中、時代の流れや制度に順応した専門職のあり方が求められています。それぞれの医療機関や介護系サービス提供者が独自性を持って、その地域に必要なサービスを適切に提供していかなければならず、そのためには、我々が専門職としての能力を向上させることが不可欠です。

職員一人ひとりの、そして看護師・介護士全体の技術・知識の向上が図れれば、個々のキャリアアップの実現と地域医療・介護の質を上げていくことができるものと確信しています。

新生病院グループは、大切に育まれてきた歴史と豊かな自然が共存する素晴らしい環境にあり、高い志をもった職員が幅広いフィールドで活躍しています。著しく高齢化が進む時代のニーズに応えるべく、在宅系サービスの事業展開も広がっています。

わたし達を必要とするすべての方へ、質の高い看護・介護サービスの提供を目指し、ともに学び、ともにこれからの地域包括ケアシステムを築いていきましょう。

法人看護局理念と方針

法人看護局理念

その人がその人らしくQOLの高い生活を送ることができるように質の高い看護・介護を提供します。

法人看護局方針

1. 患者さんにとって一番身近な存在としてその思いに寄り添った看護・介護を目指します。

2. 患者さんが住み慣れた地域でその人らしい生活が送れるようにチーム医療の中で調整役を務めます。

3. 専門職として質を高める為に常に自己研鑚に努めます。

重点目標

1. その人らしさを大切にする看護・介護を実践

2. 地域包括ケアを目指す病院としての機能の強化・退院支援の充実と強化(患者宅への訪問を、1人/年1回実施)

3. 電子カルテ導入後の課題対応とマニュアルの整備

4. 自己研鑚を積み、知識・技術の向上に努める (各部署毎に研修会を計画・立案し、年5回実施)

新生病院グループ法人看護局とは

新生病院グループにおける
看護師・介護士の包括的マネジメントを行っています

新生病院グループには「特定医療法人 新生病院」と介護事業に特化した「NPO法人 パウル会」があり、看護師・介護士が活躍できるたくさんのフィールドが広がっています。職員一人ひとりがより輝ける場所をサポートするだけでなく、個別のキャリアアップを図る教育制度を実施しています。地域から必要とされ、地域の方々の充実した暮らしを支え続けるため、職員の飛躍的な活躍をバックアップしていきます。

看護局管理部

看護局管理部長・新生病院 看護部部長挨拶

 
 

看護局管理部長
新生病院 看護部部長
酒井明恵

新生病院は、地域に根ざした病院として、医療を提供しつつ、治療を終えた方が、どこでどう過ごしたいか、その気持ちに寄り添い、リハビリや家へ戻るための準備をお手伝いしています。住み慣れた地域で安心して過ごせるよう、病院から地域へ、様々なスタッフが伺い、医療やリハビリを提供しています。

また人生の最後の時を、「よかった」と思って過ごせるようなそんな関わりを目指しています。

結核療養所として設立され、80年以上の時が流れました。設立当時の「すべての人に使える医療」という、キリスト教の精神に基づく理念は、何度も見直す機会がありましたが、この新生病院の目指す医療に最もふさわしいとの思いから、今も私たちの中に脈々と受け継がれています。

新生病院は、病気や老いにより生活に変化が生じるなどの人生の転機に、まずは患者さんの思いを聴き、ご家族と共に悩み、おひとりおひとりにとって、その時のベストな選択を一緒に考えていく、そんな関わりのできる病院です。

新生病院で一番大所帯の看護部スタッフが、元気で、いきいきと、やりがいをもって働くことで、病院を引っ張っていけるように、また、患者さんご家族のみならず、この新生病院で働くスタッフが「この病院に来てよかった」と思えるような職場づくりを目指しています。

自然豊かな環境の中で、さまざまな関わりや経験を一緒に積んでみませんか。

看護体制

病 棟 配置基準・配置職種
2階病棟課(急性期)36床 2交替制(2人)
固定チームナーシング
10:1 看護師・准看護師・看護助手・クラーク
3階東病棟課(療養)59床 2交替制(3人)
固定チームナーシング
20:1 看護師・准看護師
20:1 介護福祉士・介護助手・看護助手・クラーク
3階西病棟課(回復期リハビリテーション)40床
2交替制(2人)
固定チームナーシング
15:1 看護師・准看護師
30:1 介護福祉士・介護助手・看護助手・クラーク
4階病棟課(ホスピス・緩和ケア)20床
2交替制(2人)
固定チームナーシング
7:1 看護師・看護助手・クラーク
外来課
固定チームナーシング
30:1 看護師・准看護師・クラーク・看護助手
手術室・中材課 看護師・准看護師・看護助手
在宅支援課 看護師・クラーク

新生病院看護部 各課紹介

外来課

私たち外来スタッフは、病院理念である「わたしたちはキリストの愛と精神にもとづき医療を通して全ての人々に仕えます。」をもとに地域に根差した医療の提供をはかっています。外来は多くの患者さん方がさまざまな症状や不安を抱えながら診察に来られるところです。少しでも安心して診察や検査を受けることが出来るように手助けすることが外来スタッフ一同の役割だと思っております。

内科・外科・消化器内科・脳神経外科・もの忘れ外来・生活習慣病外来(睡眠時無呼吸外来)・麻酔科(ペインクリニック)・整形外科・小児・思春期科外来・形成外科・皮膚科・緩和ケア内科・循環器内科・泌尿器科・眼科・漢方外来・歯科口腔外科があり医師・看護師・看護助手・メディカルクラークがチーム医療に取り組んでいます。

手術室

手術室

当院の手術室では、外科・整形外科・形成外科・口腔外科の手術が行われています。外科では、消化管の手術を主に行っており、整形外科は、骨折の手術を中心に行い、人工関節や関節鏡下手術にも取り組んでいます。また形成外科では眼瞼下垂手術・腫瘍摘出術・静脈瘤結紮術等行い口腔外科では重症心身障害児者の抜歯なども行っています。

当手術室では、スタッフ全員が協力して患者様の治療を行っています。患者様の不安を和らげるために手術室のスタッフは、術前訪問を行って患者さんの要望を伺い、BGMや室温の調整、声掛けを行って緊張を和らげるような援助や工夫をしています。

中央材料室

器械・器材の洗浄、滅菌を業務としています。院内の感染防止に配慮して、安心安全な器材の提供ができるように、日々の業務に励んでいます。

病棟紹介

一般病棟(2階病棟)

集中的な治療が必要な時期(急性期)から、状態が少し安定してくる時期までの患者さんを中心に治療を行います。

整形外科、形成外科、歯科口腔外科、外科、内科、小児科などの急性期疾患に対する手術や治療のため、あるいは睡眠時無呼吸症候群などの検査のために入院していただく病棟です。
また、地域包括ケア病床も備え、在宅へ向けて退院調整をしていきます。

充実した治療と、手術後の経過をより丁寧に、快適な療養環境を提供しながら、心のこもった看護に努めています。

回復期リハビリテーション病棟(3階西病棟)

 ・・・「家へ帰りたい。」その想いを、在宅に届ける。

「できる限り自宅へ戻って生活したい」という方の願いに応えるために、脳卒中や大腿骨頚部骨折などの手術後の患者さんに、集中的にリハビリテーションを行う病棟です。

急性期病院での治療が終わった後、できる限り早期に専門スタッフによる計画的なリハビリテーションを集中的に提供することにより、寝たきりや拘縮などの二次的合併症を防ぎ、在宅生活への橋渡しを行い、社会復帰を目指します。

住まいの環境に合わせた生活リハビリテーションや、入院中に実際の住まいに伺う家屋調査、退院後の在宅生活を見せていただく退院後訪問など、在宅生活と病院とをつなぐ架け橋となるお手伝いをさせていただきます。

療養病棟(3階東病棟)

急性期医療を終えても引き続き医療の必要性が高く、長期にわたり入院治療を必要とする慢性期患者さんを対象とした病棟です。

また、ご家族の介護疲れを癒すお手伝いもさせていただいております。看護師と介護福祉士を中心とした病棟に、歯科口腔外科リハビリスタッフや栄養士、薬剤師など他職種のスタッフが関わり、患者さんの医療・介護のお手伝いをさせていただきます。

徐々に食事がとれるようになった、寝返が打てるようになった、歩行器で歩けるようになった。・・・うれしい話も聞こえています。

日々の生活の中で、他職種で関わる事で機能の向上を目指しています。

緩和ケア病棟(4階病棟)

 ・・・いつものように、家にいるときのように。

ここでは、歯をくいしばってまで頑張らなくて良いのです。

いつものように愛する人と話し、いつものように本を読み、悲しんだり、怒ったり、喜んだり...そんな自由な時を過ごして欲しい。

ここでは一人ぼっちにはさせません。
ご本人も、ご家族も、もう自分一人で背負わなくても良いのです。
わたしたちは仲間として、家族として、共に背負う者として、あなたのそばにいます。

からだに痛みを覚え、こころに痛みを覚え、苦しみのうちにあるとき...
痛みを和らげるために全力を尽くします。

満たされた時を過ごしていただくために、全力を尽くします。いつものように、家にいるときのように・・・
わたしたちはそんなお手伝いをいたします。

新生病院で働く 職員の声

看護師 2階病棟
石川さん

新生病院で働きたいと思った理由は?

新生病院には緩和ケア病棟(ホスピス)がある事を知り、将来的には今まで学んできた知識や資格を活かしながら活躍できるホスピスで看護ケアに携わりたいという夢があったからです。今は、一般病棟で患者様の在宅復帰に向けたケア・支援のお手伝いをしています。 病棟の雰囲気はとても明るく、先輩達はハキハキしているので働いていて気持ちが良いです。

どんな看護師を目指していますか?

患者様や、ご家族様の気持ちに寄り添い心の通ったケア・支援ができる看護師を目指しています。そのために知識も技術も含め「看護」の経験をさらに積んでいきたいと思っています。

介護福祉士 3階東病棟主任
丸山さん

介護職のやりがいはどんな時に感じますか?

患者様の笑顔が見れた時や、穏やかな表情を見せて頂ける時です。また、食事摂取が思うようにできなかった患者様が、ケアを通して少しずつでも食事ができるようになった時 はこの仕事の喜びを感じます。

新人介護士への教育や指導で心掛けていることは何ですか?

職場の「コミュニケーション」を特に大切にしています。介護や看護など、他職種同士の繋がりがあってはじめてスムーズな連携が成立するので、柔軟性と素直さ、仕事をする上でのマナーの大切さなどを指導しながら専門職としてのスキルアップを図っています。

看護師 在宅支援課
阿部さん

現在の仕事内容・課の特徴や雰囲気を教えてください

医師と一緒に定期的に患者様の自宅を訪問し、血圧測定や抱えている症状の相談・指導、内服の処方を行う訪問診療を行っています。緊急時は医師に相談し自宅へ訪問したり(往診)、外来・入院中の段階から在宅支援の相談と対応も行っています。訪問先の患者様が少しでも明るい気持ちになって頂けるよう、スタッフはいつも「笑顔と安全運転」を心掛けています。

看護職のやりがいはどんな時に感じますか?

在宅訪問のがん患者さんが疼痛コントロールをしながら最期までご自宅で過ごすことができ、お看取りをされたご家族様に「本当にありがとう」と言われた時は、自分の励みになり、やりがいを感じました。

看護師 3階西病棟
古田さん

現在の仕事内容や病棟の特徴・雰囲気を教えてください。

3階西回復期リハビリテーション病棟は、患者様の経過やリハビリのきっかけとなった疾患の観察を行い、現在リハビリができる状態か判断し、患者様に変化があれば医師やリハビリ担当者に報告を行うことが日々の業務です。長期的には他職種が連携し退院支援を行っています。一般病棟とは違い、リハビリがメインの動ける方が多く歩行訓練や体操などを日常的におこなっているので活気があってとても賑やかです。

新人看護師への教育や指導はどのように行っていますか?

教育計画に沿って担当指導者が中心になり、教育・指導を行っています。定期的に進捗状況と新人看護師の様子を確認しながら教育のペースを調整して無理なく進められるように気を配っています。

看護局教育部

看護局教育部長挨拶

 
 

看護局教育部長 類澤秀子

高齢化が進む今、わたし達は地域包括ケアシステムの実現に向け他職種が連携し質の高い看護・介護サービスを提供する事が使命だと感じています。緑豊かな小布施の地で歴史を刻んできた新生病院グループには看護師・介護士が活躍できる場所が多くあり、そのフィールドは病院だけでなく訪問看護や療養通所介護等の在宅系サービスまで広がっています。

教育部では段階的な到達目標を設定し、全体のレベルアップを図ると共に個々の専門性をさらに磨き「地域につなぐ」橋渡しができる職員の育成を行っています。院内外の研修へも積極的に参加し、自己研鑽の機会を多く持てるよう支援しています。

職員一人ひとりが看護師・介護士という仕事に誇りとやりがいを持ち、自らが努力し生き生きと働ける自信を持てるような人財育成に取り組んで参ります。

教育・研修制度

 
 

※看護部門教育システム

目的 目標 内容
基本的な専門職の基礎を身につける
新人教育
新生病院の組織と機能を把握し、円滑な看護業務ができる

1.病院の組織と各部門の特徴を理解する。

2.看護の基本的知識、技術を身につけ、対象に応じて看護を実践する。

1.看護部オリエンテーション

2.看護部の紹介・他

3.医療事故防止・看護技術・静脈注射の方法

4.直面している問題の解決

新生病院グループで働く専門職の復帰を支援
潜在看護師研修

新生病院での看護職の人材確保を推進し、求職者の求職活動の支援

1.再就職における施設見学及び実習により、専門性を活かした就業の支援ができる。

2.当院で就業できる看護職者の育成により人材確保に役立てられる。

1.病院施設見学

2.安全に配慮した看護技術

3.実習(希望者)

より専門的な知識の吸収と研究を通じてケアの更なる質の向上を目指す
実践研修

看護技術
看護単位でのケアの質が高められる。

1.日常のケアを見直し、看護技術を高め実践できる。

2.基本的看護技術の向上

1.口腔ケア・摂食嚥下に関するケア

2.皮膚ケア(褥瘡)

3.呼吸リハビリ

看護研究
看護に対する問題を明確にし、研究的な視点を持ち解決に向け意欲的に取り組むことができる。

1.研究を通して知識や理論を学び、実践に活かすことにより看護の質を高める。

2.看護研究をまとめる過程を学び、発表ができる。

1.基礎から学ぶ看護研究
・県看護協会企画

2.看護研究の実際
・長野県看護研究学会
・全国学会

キャリアレベル別教育研修

キャリア開発

 
 

特定・認定看護師育成

認定看護師とは

特定分野において、熟練した技術と知識を持ち、水準の高い看護実践できる者をいいます。実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献していきます。

認定看護師紹介

日本看護協会
緩和ケア認定看護師
山本友美

なぜ、目指したのか?

自分の家族が「がん」になり、介護している中で患者・家族の抱える痛みを体験し、緩和ケアを受けたことで癒され、家族と共に大切な時間を過ごすことができました。そして、私も緩和ケアにおける専門的知識を高め、実践を通して一人でも多くのがん患者さん、ご家族の全人的苦痛が緩和されるよう力になりたいと考え、緩和ケア認定看護師を目指しました。

活動について

緩和ケア病棟における緩和ケアの充実はもとより、院内外、地域における多くのがん患者さん、ご家族が緩和医療を受けることができるよう、実践・指導・教育を通して貢献していきたいと考えています。

日本看護協会
緩和ケア認定看護師
徳竹秀子

なぜ、目指したのか?

身体やこころの痛み"のつらさが多いがん患者さんやご家族との出会いの中で、笑顔を失い、苦悩の日々に看護師として、悩み戸惑うことが多く、専門的な学習と実践力を高め、限られた時間の患者さんや家族の担い手になりたい。また、看護するメンバーからの相談に対応できる看護師になりたいと奮起し目指しました。

活動について

緩和ケアが院内外の多くの場で実践できるように、院内や地域での研修会の担当をしています。スタッフの支援を中心に、自己研鑽しながら患者さんや時にはご家族に向き合いお手伝いをしています。

新生病院では組織をあげて様々な認定看護師の育成をおこなっています

★訪問看護 ★緩和ケア

★認知症看護 ★摂食・嚥下障害看護

■皮膚・排泄ケア
■脳卒中リハビリテーション看護

★...特に力を入れて育成しており、数年で育成完了を目指しています

新生病院グループ目標
認定看護師 年間4名育成

資格取得中の収入面での不安や、学費等の心配をカバーする「奨学金制度」が整っています!

介護士の喀痰吸引研修

喀痰吸引研修とは

医療・介護の連携が図られた場所で、一定の条件を満たす事により介護現場での痰の吸引・経管栄養等の行為を介護職員が提供できるようになります。医療機関だけでなく、高齢者施設でもこれらの行為を必要とする方が年々増えており、活躍の場が広がっています。

喀痰吸引資格取得を目指す介護士の声

NPO法人パウル会
24時間定期巡回随時対応型
訪問介護事業所
介護福祉士 野口さん

目指したきっかけは?

自己のキャリアアップと、少しでも現場で役立つ技術を身に付けたいと思い研修を受講しました。実地研修が始まり緊張の毎日ですが、現場で即戦力となれるよう、目標に向かって日々頑張っています。

NPO法人パウル会
24時間定期巡回随時対応型
訪問介護事業所
介護福祉士 浅川さん

目指したきっかけは?

介護福祉士として長年勤務する中で、介護現場での吸引の必要性を身近で強く感じていました。看護師さんに頼るだけでなく、介護の立場として一つでも多くの技術を身に付けたいと思い研修受講を希望しました。

新生病院グループ目標 喀痰吸引資格取得者 年間2名育成

奨学金制度

 
 

学生の方

対象

看護師・介護福祉士・リハセラピスト等の資格取得を目指し、資格取得後新生病院グループに勤務する意志のある者で、各種学校に在学中又は、入学が決定した者

応募期間・募集状況

随時受け付け。年度途中からも可

奨学金

月額5万円

返済について

当グループに就職し、一定期間勤務することによる返済義務は免除とする。
※但し、新生病院奨学金規定にあげる事例に該当する場合については、支給を受けた額について利子を加えて返済すること。

応募書類

・奨学金支給申請書
・第三者の推薦書
(親族に加え親族以外の複数の保証人等)
・新生病院履歴書
・成績証明書(最終学歴)
・在学証明書

奨学金申請から支給、入職までの流れ

奨学金申請(第2条(2)に該当する者)提出書類
① 奨学金支給申請書(様式第1号)
② 第三者(親族に加え親族以外の複数の保証人等)の推薦書(様式第3号)
③ 履歴書(メールアドレス併記)
④ 成績証明書(最終学歴)
⑤ 在学証明書

書類審査

合格

不合格

提出書類の返却

面接
面接官
・病院管理者
・法人事務局長
・担当部長
・人財部長

合格

不合格

提出書類の返却

総合運営会議における承認

病院管理者の決裁

奨学金認定書類の提出
① 誓約書(様式第4号)
② 奨学金賃借契約書
③ 給与振込口座申請書

奨学金支給

報告会(半期ごと)書面及び面接

毎月の報告
奨学金規定第17条第2項による

入職においては採用試験を実施

認定看護師育成制度 奨学金

対象

当法人グループへの入職を強く希望し、資格取得後も将来に渡って永く勤務すると認められる者で、かつ1.又は2.の要件を有していること
① 受講のための教育機関への入学が既に決定していること ② 入学選考の出願資格を有し、直近に受験を行う予定であること

応募期間・募集状況

奨学金の対象

基本給相当額、受講に係る学費(入学検定料、入学金、受講料、認定審査料)、住宅費、通学費 等

(例)経験年数約10年・34歳看護師(女性)
支給合計額=330万円

返済について

認定資格取得のための奨学金制度による返済義務は原則なし。
※但し、下記に該当する事態が発生した場合は返済が必要
・資格取得後5年(休職期間を除く実勤務時間)以内の退職
・当初予定されていた受講を中途で断念した場合
・取得予定であった認定資格が得られなかった場合(認定審査の受験については2回まで猶予あり)

応募書類

・新生病院履歴書
・資格証の写し
・育成制度奨学金支給申請書
・認定、特定資格取得理由書(1200字以上)
・受講に関する情報
・第三者の推薦書

必要な手続きと決定までの流れ

募集開始(院外募集についてはホームページ等でお知らせします。)

法人への問い合わせ
書類の請求

申請書類の提出
① 履歴書及び資格証の写し
② 認定・特定看護師育成制度奨学金支給申請書(様式第1号)
③ 受講に関する情報(様式第2号)
④ 認定・特定資格取得理由書(様式自由、1200字以上)
⑤ 第三者の推薦書(様式第3号-2)

書類審査

職員採用試験及び奨学金支給認定審査の実施

両試験に合格

採用内定通知書及び奨学金支給決定通知書送付

期日までに指定書類の提出

採用及び奨学金支給の決定

Q&A(よくある質問と回答)

学費を支払うと生活が大変になりそう 学費は全額補助します。受講期間中は基本給相当額も支給しますのでご安心ください
休業中の社会保険はどうなるのでしょう 休業中も在職となりますので、社会保険も継続です
できれば学校の近くから通いたいです そのための住宅費や通学費も補助します
5年ごとの資格の更新って大変では?
モチベーションが維持できるか心配...
更新(認定更新審査)に必要な経験や学会参加など、心配なことは認定看護師の先輩達が相談に乗りアドバイスいたします
他の病院での経験はあるけど奨学金支給の対象になるのでしょうか... 教育機関への入学が決定している方や出願予定の方は皆さん対象になります(但し当法人が指定する分野に限ります)

問い合わせ先

特定医療法人新生病院 法人事務局人財部
TEL: 026-247-2033

福利厚生

 
 

休日・休暇

休日 4週7休(シフト制)

年次有給休暇

勤続年数 付与日数
試用期間中 なし
試用期間満了日の翌日から
採用年度末
10日
試用期間満了後に到来する
最初の4月1日~3月31日
11日
1年後 12日
2年後 14日
3年後 16日
4年後 18日
5年後 20日
5年後以降 20日

特別休暇

種類 付与日数
結婚休暇 本人の場合5日、子の場合3日
産前休暇 6週間
産後休暇 8週間
永年勤続特別休暇 上限16日(勤続年数による)
忌引休暇 上限10日(規定による)
育児休業 育児休業制度を適用(子が1歳になる前日まで)※
夏季休暇 3日
年末年始休暇 4日
レクリエーション休暇 2日

※ 育児休業制度
・休業中無給だが、雇用保険より育児休業給付金給付あり
・復帰後は休業前の給与を支給

保険・給付制度

保険 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険

給付制度

種類 対象になる場合
傷病手当金 病気・けがで休業した場合
出産育児一時金、出産手当金 出産した場合
育児休業給付金 子育てで休業した場合
介護休業給付金 家族の介護で休業した場合

その他福利厚生

健康診断

新生会(互助組織)主催による職員旅行、新年会、忘年会等