特定医療法人 新生病院 〒381-0295 長野県上高井郡小布施町大字小布施851 TEL:026-247-2033

TOP
外来担当表(PDF)

診療科目・専門外来のご案内

>トップ >診療科目・専門外来のご案内
総合診療科 内科 消化器内科 循環器内科 緩和ケア内科 小児科
外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 消化器外科 皮膚科
泌尿器科 麻酔科・
ペインクリニック
眼科 歯科口腔外科 生活習慣病外来 いびき外来
禁煙外来 漢方外来 もの忘れ外来 胃内視鏡 大腸内視鏡  

診療科目 ご案内
総合診療科

戻る

担当医師:宮尾陽一、山本直樹、奥田澄夫、小林優人、金児泰明

「総合診療科」では、患者さんおひとりおひとりに適した良質な医療サービスを提供するために、地域の診療所の先生方と連携しながら当院のもつ医療資源を有効に活用して、患者さんを総合的に診療します。

●対象となる患者さんは、以下の通りです。

・初診の患者さん
・どの科で診てもらえば良いか、わからない患者さん
・発熱、頭痛、腹痛などの症状をお持ちで、病名や専門科が特定できない患者さん
・病気をいくつか抱えて、複数の診療科に受診することに不便さや戸惑いを感じている患者さん
・特定の医師・診療科の指定のない紹介状をお持ちの患者さん
・セカンドオピニオンを希望している患者さん
など

●総合診療科の受診をご希望の方は、受付でお申し出ください。

内科

戻る

担当医師:大生定義、小林優人、門野聡

内科では種々の内科疾患のための外来、入院治療を行っています。検査や治療のために他の病院を紹介することもあります。

消化器内科

戻る

担当医師:奥田澄夫、金児泰明

循環器内科

戻る

担当医師:伊藤信彦

私は、循環器専門医として、心臓病や高血圧全般のご相談に応じます。

現在の私の興味は予防医学です。どうすれば狭心症、心筋梗塞、不整脈等による突然死を防げるかです。現代の心臓病の多くは、タバコ、高脂血症、高血圧、糖尿病等の生活習慣病から派生します。これらの危険因子は全身の血管に動脈硬化を引き起こし、多臓器不全(特に心、腎、脳)の原因となります。
従って治療目的は、いかにこれら危険因子を排除し、動脈硬化を元の軟らかい血管に戻すかに尽きます。

当科では心エコーを中心に、頚部から腹部大動脈までの血管エコーで、動脈硬化度を測定します。心臓カテーテル検査以外の検査はすべて可能と考えています。

又、内科専門医の立場から、甲状腺、肝、腎、副腎エコーも施行し、高血圧や頻脈の原因となり得るホルモン異常病変も検査します。

緩和ケア内科

戻る

担当医師:伊藤義彦、森広雅人、山本直樹

「がん」とその治療に伴って生じる様々な症状(痛み、吐き気、呼吸苦、食欲不振、全身倦怠感、心の悩みなど)をやわらげ、患者さんの「生きる」ことを支えるのが緩和ケアです。したがってホスピス・緩和ケアの対象となるのは「すべてのがん患者さん」といっても過言ではありません。

ホスピス・緩和ケア病棟への入院は化学療法(抗がん剤)などの積極的治療を行っていない患者さんに限らせていただいておりますが、ホスピス外来はがんの症状でお困りの患者さんならば誰でも通院可能です。

初診は原則として予約制で行っており、医療相談室へ申し込んでいただいたうえで主治医に紹介状(診療情報提供書)を書いていただいたものを持参していただきます。しかし、何らかの事情で予約ができなかったり、紹介状を準備してもらえなかった場合でも受診可能です。再診では、通院患者さんの在宅生活を支えるために諸症状のコントロールを行いながら、入院が必要となった時には速やかに入院へ移行できるようにサポートしております。

小児科

戻る

担当医師:石井栄三郎

外科

戻る

担当医師:森広雅人、宮尾陽一

手術では、そけいヘルニア(脱腸)、虫垂炎(盲腸炎)などに加えて、2010年からは胃腸の手術も再開しており、がんの手術も可能となりました。脳梗塞などで食事摂取のできない患者さんへ胃瘻(いろう)を造設する手術も行っています。

また、おぶせの里クリニックの伊藤道雄医師と連携を取っており、肛門疾患の手術はおもに伊藤医師が担当しています。

なお、当院は、患者さんにより適切な医療を提供する等のために行われている「一般社団法人NCD(日本臨床データベース機構)」の症例登録事業に参加しています。

整形外科

戻る

担当医師:重松泰介、重松辰祐、酒井典子、保坂正人

運動器すなわち日常生活において、手を使う、立って歩く際に動作する四肢・脊椎の関節、骨、筋肉、脳以外の神経の障害を対象として治療しております。手足が痛い、腰背部・首が痛い、動けない、怪我をした等が対象となります。治療法としては保存的治療と手術的治療を選択します。保存療法では、薬の投与、神経ブロック、腱・関節の注射、リハビリテーション、装具療法を行い、手術療法では、骨折の手術、関節鏡を使った手術、健・靭帯の手術等を行います。

当院では、手外科の専門医が常勤していて、上肢の専門的治療が行えます。腰痛は独自の方法で痛みをとるように努めています。肩・膝に対してはヒアルロン酸注射で除痛、機能回復に努めています。その他充実したリハビリテーション部門が疼痛軽減、日常生活能力を向上できるように対応しています。

当院で対応困難な場合は、近隣の提携医療機関へ紹介可能です。

個々の患者様に応じた対応ができるように日々努力していますので気楽に受診してください。

脳神経外科

戻る

担当医師:鳥海勇人

形成外科

戻る

担当医師:寺島左和子

形成外科とは、からだの表面的な異常をきれいになおす科です。

あつかう疾患
やけど けが きずあと ケロイド あざ(黒あざ、赤あざ、茶色いあざ)
ほくろ しみ いぼ できもの 皮膚腫瘍(良性、悪性) 皮膚潰瘍
目の形がおかしい 眼瞼下垂(まぶたがさがる) 逆まつ毛
顔面神経麻痺の後遺症 耳の形がおかしい 小耳症 埋没耳 耳垂裂
くちびるの形がおかしい 唇裂 口蓋裂 鼻の形がおかしい 鼻骨骨折
陥没乳頭 副乳 乳がん術後の変形 出べそ 巻き爪

消化器外科

戻る

担当医師:森広雅人、宮尾陽一

皮膚科

戻る

担当医師:野平真理子

泌尿器科

戻る

担当医師:山本直樹

麻酔科
ペインクリニック

戻る

担当医師:佐藤裕信

眼科

戻る

担当医師:大久保裕史

患者さんでいま一番診ている方は、他院で手術された後の定期的な診察です。対象疾患はものもらい・さかまつげ・なみだ目・かわき目などからお子さんの近視・遠視・斜視・弱視。成人のつかれ目・緑内障・白内障さらに糖尿病性網膜症まで広くカバーしております。

当科では最近はとくに視野検査に力をいれております。おどろくことに緑内障が実はありふれた疾患で年輩の方の10人に1人という頻度です!緑内障は自覚症状が出るときは末期で、視野検査が早期発見・診断の唯一の方法です。

歯科・
歯科口腔外科

戻る

担当医師:櫻井伸一

歯科口腔外科では以下のような治療を行っています。

口腔外科
・ 抜歯(親知らずの抜歯、その他困難な抜歯)
・ 唇や口の中の囊胞、腫瘍の手術
・ 口腔内の外傷処置(歯の脱臼の固定、歯肉、舌、唇などの創傷処置)
・ 歯や顎の感染症の治療
・ その他舌の痛み、口腔乾燥症、口腔粘膜疾患などの治療も行っています。
特殊歯科
・ 通常の歯科治療が受けられない方の全身麻酔下の歯科治療
・ 歯科医院に通うことができない方の訪問歯科診療
・ 入院患者さんの歯科治療、飲み込みの検査・訓練
・ 全身麻酔手術を受ける方の口腔内チェック及び口腔ケア

初診時のお願い:歯科口腔外科へ受診希望の方はかかりつけ歯科医院様へご相談いただき、紹介状をご用意頂けると診療がスムーズです。また当科は歯科口腔外科・特殊歯科が専門であり、原則として健常な方の一般歯科治療(義歯の作成やむし歯の治療、歯の神経の治療、歯周病治療など)は行っておりません。診察の上で一般歯科治療が必要な場合、近隣の歯科医院様へ紹介させていただくことがあります。予めご了承頂けますようお願い申し上げます。

生活習慣病外来

戻る

担当医師:佐藤裕信、大平峰子、藤本圭作

生活習慣に起因する病気は意外に多いものです。当外来では、禁煙の援助、運動療法、食事指導などによって予防医学的な取り組みを行っています。

いびき外来

戻る

担当医師:佐藤裕信

身近な人から大きないびきを指摘されたり、昼間に眠気を頻繁に覚えたりする場合には睡眠時無呼吸症候群(SAS)である可能性があります。

関連情報のページをご覧いただき、ご心配のある方は「いびき外来」にご相談ください。

禁煙外来

戻る

担当医師:佐藤裕信

漢方外来

戻る

担当医師:布施修

もの忘れ外来

戻る

担当医師:鳥海勇人

胃内視鏡

戻る

担当医師:宮尾陽一、森広雅人、奥田澄夫、金児泰明

大腸内視鏡

戻る

担当医師:宮尾陽一、森広雅人、奥田澄夫、金児泰明、北村静信


Copyright © Shinseibyouin All Rights Reserved.